おすすめの保育園は「ハッピーマム」?

わが子が成長して保育園に通わせたいと考えた時、園を選ぶポイントなどまとめてみました。

最近の投稿

何才から保育園に子供を預けるべきか?

投稿日:

保育園が受け入れ可能な児童の年齢は自治体によって異なりますが、早い場合では生後2ヶ月ほどから、
遅くても生後6ヶ月から入園を認めている保育園が大半を占めており、保護者が望めば0歳から子供を保育園に預けることが可能です。

保育園と比較されることが多い幼稚園の対象年齢は3歳以上からとなっていることがほとんどですから、出産後すぐに子供を預けられることは保育園ならではのメリットと言えるでしょう。
昔から3歳までの教育は非常に重要とされており、できる限り他人に預けることなく、

両親と触れ合う時間を伸ばして愛情を注ぎ込むべきであると言われています。
特におじいちゃん・おばあちゃんの世代に相談をすると「3歳未満の子供を保育園に預けるなどもってのほか」と言われてしまうこともあります。
しかし近年、育児や教育に実の母が直接的に関与しなければ、発育や教育にマイナスの効果が生まれるという説は科学的根拠に欠けることが分かってきており、
現在では必ずしも24時間実の親だけが教育に参加することが好ましいという定説は崩れつつあります。

何歳から保育園に預けることが好ましいのかという点に関しては、ご家庭次第と言えます。
例えば、保護者が出産前と同様に社会人として働くことを第一前提としている場合は、キャリア維持や役職維持でしたり、
金銭面的事情が理由として挙げられたりします。

景気が回復基調にあるとはいえ、まだ実所得に反映されているとは言い難く、共働きをしなければ生活を維持することが
困難になるというご家庭は非常に多いですし、結婚をせずに子供を育てる、
あるいは出産直後に離婚をして母子家庭や父子家庭としての道を選ぶという保護者の方も多い世の中です。

保護者が働くことによって所得を増やせば、
子供に栄養のある食事を与えることができますし、写真に撮って思い出に残る洋服も、綺麗でサイズがフィットする物を多く購入できるようになるでしょう。
もちろん、教育にかけるお金も確保でき、将来の進学や就職にアドバンテージを持たせることも可能です。

更に最近では教育に時間をかける保育園も増加傾向にあり、スプーンやフォークの使い方から絵本の読み聞かせ、トイレの通い方や使い方、歯磨きの練習、
ボタンの付け外しなど生活で求められる要素を保育士がしっかりと教えてくれます。
保育園の利用目的が多様化していますから、3歳未満からでも積極的に保育園を活用し、子供を預ける時代に突入していると言えるでしょう。

-最近の投稿

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

保育園選びで気を付けるポイントとは?

まずは自分自身が望むポイントを確実に押さえた保育園であるか否かを確認することが先決になります。 具体的には、仕事の都合で土日にも子供を預かってもらいたい場合には休日に対応しているかどうかを確認する必要 …

認可外保育園ってなに?

無認可保育園は、正式には認可外保育園、認可外保育所と呼びます。 認可保育園は、法令では認可保育所と呼びます。認可の利用は、仕事等で保育困難な保護者に限られていますが、認可外には制限がありません。 認可 …

幼児期の子供にさせる教育とは?

幼児期の子供にどんな教育をすればいいのか分からない…という方も多いのではないでしょうか。 幼児教育に関する情報はあちこちで溢れているため、インターネット、書籍などを見ていても、いったい何が正解なのか分 …

保育園でママ友はどうやってつくる?

仕事が忙しいママにとって、保育園でママ友を作るのは難しい…と思われがちです。保育園の場合には、幼稚園とは違い、保護者同士の触れあいなどもほとんどありませんので、 ママ友を作る機会もそれだけないというの …

保育園、幼稚園派?それぞれのメリットは?

保育園と幼稚園の違いについてご説明しましょう。 保育園は厚生労働省の管轄である福祉施設を意味しており、先生は保育士として扱われます。 一方の幼稚園は文部科学省の管轄となり、先生は教諭として扱われるとい …