子供の保育園デビューの時、気にしたいこと。

わが子が成長して保育園に通わせたいと考えた時、園を選ぶポイントなどまとめてみました。

最近の投稿

幼児期の子供にさせる教育とは?

投稿日:

幼児期の子供にどんな教育をすればいいのか分からない…という方も多いのではないでしょうか。
幼児教育に関する情報はあちこちで溢れているため、インターネット、書籍などを見ていても、いったい何が正解なのか分からない…ということが多いといえるでしょう。
しかし、幼児教育として知っておきたい基本があります。
自分で考えて、自分で行動して、その結果を次の行動にうつしていくということがしっかりできる人に育てることが
幼児期の中で必要であるといえるのではないでしょうか。
これは将来社会人になっても重要なことです。

今は、幼児のお子様もいずれは、大人になって職業に就くことになります。どんな職業に就くのかは分かりませんので、
あらゆる職業に就く可能性を育てておくことというのが重要であるといえるでしょう。

社会を深く知るために勉強します。
そのためには、どういったことが必要なのかというと、何のために勉強しているか、本人が理解していることが重要といえるでしょう。
そして、色々なことに触れあいながら楽しんだり、そしてチャレンジするということも非常に重要です。

一つのことだけをやらず、色んなことに触れさせるということだけでも、幼児教育ではとても役立つといえるでしょう。
幼児期にすることは、幼児期にしか身につかない土台を身につけることがであるといえるでしょう。必要以上に先取り教育をしてみたり、知識を詰め込みすぎるという必要はないのです。
たとえば、幼児教育の方法として、五感に触れさせて色々なことを体験させるということはとても有効であるといえるでしょう。

たとえば、思考力や言語能力を育てるためには、ただ、言語や数字を暗記させるのではなく、仕組みや概念なども身につけさせるということが必要です。
さらに、言語の場合にはどういったシチュエーションで使うのかそういったことを身につけさせることが必要です。

運動能力に関しては、水泳のような全身運動はとても大切ですし、公園や遊具で遊び回ったりすることも非常に重要です。
さらに、音やリズムに触れさせたりして、楽器を習ったり、絵を描くことも非常に重要であるといえるでしょう。

-最近の投稿

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

保育園でママ友はどうやってつくる?

仕事が忙しいママにとって、保育園でママ友を作るのは難しい…と思われがちです。保育園の場合には、幼稚園とは違い、保護者同士の触れあいなどもほとんどありませんので、 ママ友を作る機会もそれだけないというの …

保育園、幼稚園派?それぞれのメリットは?

保育園と幼稚園の違いについてご説明しましょう。 保育園は厚生労働省の管轄である福祉施設を意味しており、先生は保育士として扱われます。 一方の幼稚園は文部科学省の管轄となり、先生は教諭として扱われるとい …

幼児期の英語教育は必要?

今は、グローバル社会であると言うこともあり、英語が求められている時代であるといえるでしょう。小学校では英語が必修化となりましたし、英語レッスンなどを取り入れている幼稚園も増えてきていて、英語に関心を持 …

おすすめの保育園「ハッピーマム」

子供が保育園デビューする際にはたくさんポイントがありますよね。たくさんある保育園の中でもおすすめの保育園「ハッピーマム」をご紹介します。 ハッピーマムは、HybridMom株式会社が運営している東京都 …

何才から保育園に子供を預けるべきか?

保育園が受け入れ可能な児童の年齢は自治体によって異なりますが、早い場合では生後2ヶ月ほどから、 遅くても生後6ヶ月から入園を認めている保育園が大半を占めており、保護者が望めば0歳から子供を保育園に預け …