子供の保育園デビューの時、気にしたいこと。

わが子が成長して保育園に通わせたいと考えた時、園を選ぶポイントなどまとめてみました。

最近の投稿

幼児期の英語教育は必要?

投稿日:

今は、グローバル社会であると言うこともあり、英語が求められている時代であるといえるでしょう。小学校では英語が必修化となりましたし、英語レッスンなどを取り入れている幼稚園も増えてきていて、英語に関心を持つ方も増えています。
幼児の英語特集を見かける機会も多いですし、英語教室なども増えているといえるでしょう。
オンライン英会話といった、オンラインを通した英語の授業なども開催されるようになり、英語教育に力を入れている学校も増えています。
幼児期は、英語教育に取り組むために、最も重要な時期であるとされています。

この時期は黄金期とも呼ばれていて、英語学習をしておくことで、効率よく学ぶことが出来たり、吸収しやすくなっているといえるでしょう。
幼児期は、早期英語学習に最適な時期であるといえます。
そこで、幼児期の英語教育は必要なのでしょうか。そして、どういった教育が必要なのか詳しく見ていきましょう。

聞くと話すの能力は、この時期に身につけやすくなっていて、
これらの訓練をしておくことで、のちのち役立つことは非常に多いといわれています。

幼児の頃から、練習をすることによって、大人になってから、早い英語を聞き取ることが出来るようになったり、
幼児の頃から正しく発音をすることによって、大人になってからも綺麗な発音をすることが出来るようになったりします。

幼児が英語教育をする場合には、どの教材が適切なのかと悩む方も居ますが、実は教材だけでは英語が話せるようにはなりませんし、
英語教室への通学と同時に併用する必要があるといえるでしょう。

幼児期の英語教育は、人と人とのコミュニケーションを通して学ぶことで、子供が伸びていくといわれています。
幼児の英語教育では、コミュニケーションが非常に重要であり、効率よく学べるといえるでしょう。

たとえば、リアルな英会話を学ぶために、プロに教わったり、良い先生を見つけて、会話力を磨くようにしましょう。
特に、キッズ向けのレッスンを得意としている先生に学ぶことが必要です。

-最近の投稿

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

公立・私立の保育園の違いとは?

保育園には、小学校や大学までの教育機関と同様に公立と私立が存在しています。 一般的に公立は安く、私立は高いという印象をお持ちの方が多いのですが、保育園に関しては公立と私立で利用料金に差が生じておらず、 …

保育園、幼稚園派?それぞれのメリットは?

保育園と幼稚園の違いについてご説明しましょう。 保育園は厚生労働省の管轄である福祉施設を意味しており、先生は保育士として扱われます。 一方の幼稚園は文部科学省の管轄となり、先生は教諭として扱われるとい …

保育園でママ友はどうやってつくる?

仕事が忙しいママにとって、保育園でママ友を作るのは難しい…と思われがちです。保育園の場合には、幼稚園とは違い、保護者同士の触れあいなどもほとんどありませんので、 ママ友を作る機会もそれだけないというの …

おすすめの保育園「ハッピーマム」

子供が保育園デビューする際にはたくさんポイントがありますよね。たくさんある保育園の中でもおすすめの保育園「ハッピーマム」をご紹介します。 ハッピーマムは、HybridMom株式会社が運営している東京都 …

何才から保育園に子供を預けるべきか?

保育園が受け入れ可能な児童の年齢は自治体によって異なりますが、早い場合では生後2ヶ月ほどから、 遅くても生後6ヶ月から入園を認めている保育園が大半を占めており、保護者が望めば0歳から子供を保育園に預け …