子供の保育園デビューの時、気にしたいこと。

わが子が成長して保育園に通わせたいと考えた時、園を選ぶポイントなどまとめてみました。

最近の投稿

認可外保育園ってなに?

投稿日:

無認可保育園は、正式には認可外保育園、認可外保育所と呼びます。
認可保育園は、法令では認可保育所と呼びます。認可の利用は、仕事等で保育困難な保護者に限られていますが、認可外には制限がありません。
認可保育園、認可保育所には3種類あります。公立の認可保育所、公設市営の認可保育所、私立保育所の3種類です。

公立の認可保育所は、建物を市区町村などの地方自治体が建て、運営もそのまま市区町村など地方自治体が行います。
公設市営の認可保育園は、建物は市区町村などの自治体が建て、運営は市営(社会福祉法人)等の民間が行います。私立の認可保育園は、建物も運営も社会福祉法人となります。

認可外保育園、認可外保育所にはたくさんの種類があります。認定こども園や幼稚園の預かり保育、託児所等も認可外保育園に含まれる場合があります。
認可外保育園の基準は、自治体によって様々ですが、東京都を例すると常勤職員は乳児3人につき1人以上、1歳未満、3歳までの幼児6人につき1人以上、
3歳以上4歳未満の幼児20人につき1人以上、4歳以上30人につき1人以上となっています。

但し、常に2人以上常勤していなければならないという基準が設けられています。必要な資格は、保育に従事する職員の約1/3以上が保育士又は看護師、助産師、保健師などです。
事業所内保育園は、企業に勤めている従業員向けに開設している保育園です。その企業に勤めていない人は利用できません。

そして、保育ママは家庭内保育事業といって、自宅等で3人ほど預かるサービスです。

認可保育所は、全国一律の基準で設置されます。施設の広さや園庭、給食設備、防災管理等、国の基準を満たしているように、園庭が必要なのが認可、必要がないのが認可外となります。
保育料金で比べると、所得や年齢などを考慮して自治体が決めるのが認可、施設側が決めるのが認可外となります。

認可外保育所は、民間型のため自治体からの補助金も多くありません。しかし、保護者から見れば、保育時間など融通が利く面もあり、待機児童の受け皿にもなっています。
2015年度から施行されているビルの空きスペースなどでも開ける小規模保育(定員が19人以下に限定)は、認可外保育にとっては小規模保育に移行する動きもあります。

-最近の投稿

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

保育園デビュー前に親が準備する事とは?

保育園も決まり、いよいよ保育園デビューとなったときに、準備が必要であるといえるでしょう。保育園に通わせるといっても、ママの職場復帰なども兼ねていることがありますし、 さらに子供の急な体調不良などの対応 …

おすすめの保育園「ハッピーマム」

子供が保育園デビューする際にはたくさんポイントがありますよね。たくさんある保育園の中でもおすすめの保育園「ハッピーマム」をご紹介します。 ハッピーマムは、HybridMom株式会社が運営している東京都 …

幼児期の子供にさせる教育とは?

幼児期の子供にどんな教育をすればいいのか分からない…という方も多いのではないでしょうか。 幼児教育に関する情報はあちこちで溢れているため、インターネット、書籍などを見ていても、いったい何が正解なのか分 …

公立・私立の保育園の違いとは?

保育園には、小学校や大学までの教育機関と同様に公立と私立が存在しています。 一般的に公立は安く、私立は高いという印象をお持ちの方が多いのですが、保育園に関しては公立と私立で利用料金に差が生じておらず、 …

保育園選びで気を付けるポイントとは?

まずは自分自身が望むポイントを確実に押さえた保育園であるか否かを確認することが先決になります。 具体的には、仕事の都合で土日にも子供を預かってもらいたい場合には休日に対応しているかどうかを確認する必要 …