子供の保育園デビューの時、気にしたいこと。

わが子が成長して保育園に通わせたいと考えた時、園を選ぶポイントなどまとめてみました。

最近の投稿

おすすめの保育園「ハッピーマム」

投稿日:2017年9月28日 更新日:

子供が保育園デビューする際にはたくさんポイントがありますよね。たくさんある保育園の中でもおすすめの保育園「ハッピーマム」をご紹介します。

ハッピーマムは、HybridMom株式会社が運営している東京都認可・認証の保育所です。子供の成長にエネルギーを注ぐ親御さん方は、幸せな気持ちを味わう一方で「しっかり健やかに成長してくれるだろうか」という不安も持ち合わせていることでしょう。

そんな不安を払拭し、ハッピーマムでは親が願う子供の成長を実現するために「すべてはおやこのえがおのために」を基本理念としています。

多感な幼年期を過ごす子供を豊かに成長させるために、ハッピーマムの教育には様々な特徴・強みがあります。その1つが「プリスクール」です。これは英語を通じたゲームや音楽など・本などの読み聞かせなどを経験し、バイリンガルを体験させて小学校に入る前に、子供が直面するであろう多言語への対応のニーズを乗り越える芽を育てるきっかけを与えています。

日本は、国際化を意識した教育の必要性を切に感じてはいながらも、実際に生活の中へ影響を浸透させることを具体的に考えている親御さんは少ないというのが現実ではないでしょうか。

しかし、ハッピーマムは早いうちに語学力を上げる経験を実践として取り込み、成長させるカリキュラムを持っています。

また「リトミック」と呼ばれる情操と音楽教育、そして生活習慣を柱とした自己表現を促す教育方法も取り入れています。子供の心身が五感を働かせて健やかに成長できるように配慮されているのです。

ハッピーマムには、保育士や看護師に加え、栄養士や調理師などが従事しています。また各施設には施設長や主任が配置され、施設全体が管理されていることから、安心して子供を預けられる環境が整っています。各スタッフは研修を受け、保育に携わる者が必要な思いやり精神を持った先生として成長し続けていく体制が整っているため、優秀な先生方に安心して子供を預けることができます。

お子さんを出産した後、日々、子供を育てている親御さんにとっては、育児の大変な部分を肌身に感じている方が多いと思いますが、ハッピーマムはその大変さを払拭するような基本理念を掲げています。親も子も皆が笑顔であり続けて、毎日を楽しんで過ごして、共に成長していける環境を提供していくことを実践しているようですね。

また楽観的なビジョンだけに傾くこと無く、国際社会として多様化する日本を生き抜いていけるような優秀な子供に育つよう、外国語に適応できるカリキュラムや情操教育や食育、運動能力を養う学習も取り入れている点は、時代を見通した先進性を兼ね備えていると言えるでしょう。

■ハッピーマムの保護者口コミ

「英語の発音が良くてびっくり」

最初は、乳児に英語を教えても意味がないと思っていました。
でも、ハッピーマムで子供が簡単な英単語を家で言うのを聞いた時に、発音の良さに驚きました。

乳児期から英語に慣れさせることで、発音が良くなるみたいです。
それから、ハッピーマムには園庭がないので、思いっきり遊ばせたいと思っていた親としては、ちょっとどうなのかなという心配もありましたが、
保育園の近くに大きな公園があるので、そこで毎日遊ぶ時間もあるということで安心しています。

保育士は、若くて元気な方が多くて毎日、園での出来事を詳しく教えてくれます。
通い始めて1年半が経ちましたが、子供が色々なことに興味を持ってくれるようになったので、ハッピーマムにして良かったです。

「雰囲気が非常に良く、活発な子供に育っています。」

まず驚いたのが施設の雰囲気の良さです。外観も室内も清潔感があり、ここなら問題に巻き込まれることは無さそうだと直感的に判断できました。
保育士の方々も明るく丁寧で、ゆったりと余裕を持って話しかけて下さることにも大変好感を持てました。

息子は引っ込み思案な性格で内弁慶なところがあったので、小学校に入学した後に不登校にならないか心配でした。
そのような理由もあって保育園に通わせようと思ったのですが、日に日に逞しく成長し、数ヶ月前からは考えられないほど活発に成長しています。

外の環境に預けることの重要さを身をもって体感することができましたし、ハッピーマムという最適な場所に預けられたこともラッキーだなと思っています。

「自分を表現することが得意になりました!」

二歳児を預けています。この歳の子供を預けるということに葛藤がありましたが、
以前と比べると明らかに表情が豊かになっており、預けて正解だったと感じています。

先生も優しく明るい方ばかりで、その日にあった出来事について詳しく話してくれるので、帰宅して家族が揃った後の話題も尽きません。

体を動かして自分を表現するということが苦手な子供でしたが、
ハッピーマムでリトミックに参加するようになってからは性格が前向きになったらしく、恥ずかしがるような素振りを見せなくなったので、小学校入学後に周囲のリズムに付いて行けなかったらどうしよう、という不安を一掃することができました。
できる限り長く通わせ、多くを吸収させたいと考えています。

「英語を楽しく学んでいるようです。」

子供に英語を学んでほしいと思っていましたが、普通の保育所では対応してくれないので、
保育をしながら学べるようなところを希望していました。そこで探してみたところ、
この保育所を見つけました。認可されている保育所だったので、安心して子供を入れることができました。

ちゃんと学んでくれるかなと思っていましたが、家に帰って様子を聞いてみると、
英語をしっかり話してくれたり、学んで英語を発しているなど、楽しんで英語を学んでいる様子が見て取れました。

自分から進んで何かをしようという気持ちも生まれていたようで、
好奇心が徐々に強くなっているのかなと思っています。

早いうちから英語を学ばせることができて、本当に良かったと思っています。

-最近の投稿

執筆者:

関連記事

保育園でママ友はどうやってつくる?

仕事が忙しいママにとって、保育園でママ友を作るのは難しい…と思われがちです。保育園の場合には、幼稚園とは違い、保護者同士の触れあいなどもほとんどありませんので、 ママ友を作る機会もそれだけないというの …

保育園選びで気を付けるポイントとは?

まずは自分自身が望むポイントを確実に押さえた保育園であるか否かを確認することが先決になります。 具体的には、仕事の都合で土日にも子供を預かってもらいたい場合には休日に対応しているかどうかを確認する必要 …

幼児期の子供にさせる教育とは?

幼児期の子供にどんな教育をすればいいのか分からない…という方も多いのではないでしょうか。 幼児教育に関する情報はあちこちで溢れているため、インターネット、書籍などを見ていても、いったい何が正解なのか分 …

公立・私立の保育園の違いとは?

保育園には、小学校や大学までの教育機関と同様に公立と私立が存在しています。 一般的に公立は安く、私立は高いという印象をお持ちの方が多いのですが、保育園に関しては公立と私立で利用料金に差が生じておらず、 …

保育園、幼稚園派?それぞれのメリットは?

保育園と幼稚園の違いについてご説明しましょう。 保育園は厚生労働省の管轄である福祉施設を意味しており、先生は保育士として扱われます。 一方の幼稚園は文部科学省の管轄となり、先生は教諭として扱われるとい …