おすすめの保育園は「ハッピーマム」?

わが子が成長して保育園に通わせたいと考えた時、園を選ぶポイントなどまとめてみました。

未分類

天才キッズクラブ 新百合ヶ丘駅園

投稿日:

保育プログラムは保育園によって様々ですが、小学校入学のための準備として教育に力を入れている保育園が増えてきました。天才キッズクラブ 新百合ヶ丘駅園もそのうちの一つとして挙げられますが、どのような教育法に取り組んでいるのでしょうか?
才キッズクラブ 新百合ヶ丘駅園の特徴やこだわりについてご紹介していきます。

天才キッズクラブ 新百合ヶ丘駅園の特徴

天才キッズクラブ 新百合ヶ丘駅園では、3歳以上の子どもからお昼寝をせず、自習時間にあてています。自習時間では、読書やヨコミネ式の教材に取り組む姿が見られますが、教材に関しては一人ひとりに合った教材を選んで行うようにしています。

子どもは3歳ころから体力がついてくるので、自習時間にブリッジや逆立ち、柔軟体操、跳び箱、逆立ちなど体を鍛える運動も毎日実践しています。音感を身につけるために小さいうちから音楽に触れる環境を与えるのもヨコミネ式保育の一環です。

英語に触れた環境づくり

ヨコミネ式保育では、英語の教育にも力を入れています。レッスンはほぼ毎日行っていますが、週に3時間はネイティブの講師により英語を習います。将来子ども達がグローバルな社会に対応していけるよう、幼児期から英語に親しみを持ってもらうためです。

シンプルな作りこだわった施設

フィンランドなどの北欧の保育方針は、子どもに対しても大人と同じような扱いをするという考え方があります。天才キッズクラブ 新百合ヶ丘駅園でも、施設環境はできるだけ子どもらしい内装や家具を設置せず、シンプルなものを取り入れています。シンプルな作りにすることで毎日の掃除や手入れもしやすくなるので、整理整頓をするにも便利です。

また、空間づくりにおいて一番大切にしていることは子ども達に危険がないように配慮することです。活動するスペースを広くとることで、思いきり走り回ることができるように安全面を最優先しています。

本や文字に触れる機会が多い

天才キッズクラブ 新百合ヶ丘駅園に通う子ども達は、本が大好きです。ヨコミネ式の教材や本に触れる時間が多いので、自然に文字が読めるようになった、文字を覚えることで本を読むことに興味を持つようになったという声をよく聞きます。

天才キッズクラブ 新百合ヶ丘駅園では、先生方や大人が無理に何かを教えたり、強制的にやらせたりすることはしません。子ども達自らがやりたくなるようなきっかけを与えたり、やろうとしたことに対して褒めてあげたりすることを大切にしています。

ひらがな、数字、アルファベットを用いた学びを通して、いかに楽しく学んでいけるかといった方針を持つ保育園です。

-未分類

執筆者:

関連記事

関連記事はありませんでした